介護予防サービスってなに?

居住系サービスと言うサービスがあります。
これは介護予防サービスにあります。
<居住系サービスについて>介護保険制度により提供されているサービスになりますが、介護保険制度自体は40歳以上になると加入が義務付けられ介護保険料を支払うようになります。
その介護保険料として介護保険制度の財源の一部になります。
<種類について>「特定施設入居者生活介護」と言うサービスになりますが、このサービスは有料老人ホーム(特定施設)でも介護保険の指定を受けた所に入居している要支援者が、介護サービスで日常生活上の介護、機能訓練の介護、療養上の介護を受けられるサービスです。
また、ここで行われるサービスと言うのは、「内部提供型」と言って施設側が提供しているサービスになります。
「外部サービス利用型」と言って入居している施設と契約している外部事業者が提供しているサービスもあります。
このサービスを利用するには、先ほど挙げた有料老人ホームがあります。
それ以外では、養護老人ホーム、または高齢者専用賃貸住宅などで利用する事ができます。
介護をする側の心構えに、介護者の主体的に介護ができるようにしていくことですね。
それと、生活範囲を広げてあげることができます。
それが良いみたいですね。
(笑顔)