カジノ法案に関係する株銘柄は?

2013年12月、いわゆる「カジノ法案」が議員立法として国会に提出されました。
そして、2014年5月には、国会で審議入り予定です。
もし、可決されれば、施行のために法制度を改正し、早ければ2016年にも承認されるとみられています。
この法制化についての背景には2020年夏季五輪の開催都市に東京が決定したことがあります。
それでは、この法案が可決し承認された場合、どのような株の銘柄に注目が集まるのでしょうか。
まずは、カジノ運営企業。
国内企業単体では運営が難しいとみられているので、やはり実績のある海外企業に投資する方が多いでしょう。
次は、スロットマシン等の機器を製造している企業で、日本でならばパチンコ・パチスロ機の製造・販売をしている企業です。
もちろん、海外からの観光客も見込まれますので観光業界の株も有望です。
そして、意外と見逃しがちと思われるのが硬貨・紙幣処理機を製造している企業、ならびに商用看板等を作成・販売する企業でしょう。