アクネ菌がニキビの原因?

アクネ菌がニキビの原因なので、メイク用のスポンジやフェイスタオルなどを他の人と共有で使用していたり、肌が直接触れてそのまま洗わないで放っておくと、他の人のニキビが自分にうつってしまう可能性も少なくありません。
また、手で自分のニキビを触った後で、顔を触ってしまうと、そこにニキビが増える可能性があります。
ニキビは何度も繰り返しできやすい肌のトラブルだとよく言います。
キレイに治ったからといって不摂生な食生活などをしていると、またすぐに再発します。
ニキビの再発を予防するには、清潔な肌を保つようにし、不摂生な食事や暴飲暴食をせず、睡眠をたっぷりと取っていくことが大切なこととなります。
常に洗顔などで清潔に保っていても、ニキビが防げないことは誰にでも起きることはずです。
このニキビの予防法には、清潔にするため洗顔などに気を配るのはもちろんですが、バランスよい食事や十分な睡眠といった体調の管理も大切になります。
実際、ニキビがおでこにできてしまうと、どうしたって前髪で隠そうとしてしまいます。
しかし、そのようなことをするのはニキビを悪化させかねない行為ともなりますので、なるべくなら前髪で隠すというようなことはせずに毛髪がニキビに直接触れないようになるべく刺激を与えないようにすることが大切なことです。
悪化したニキビとなると、芯を持ったような感じで固くなり、触ると痛みを感じるといった症状になります。
ニキビが出来てしまったら、ついその箇所を確かめようと触ってみたくなりますが、触ってしまうとさらに雑菌が入って長引いてしまうといけないので、プロアクティブのクリームなどでケアしながら、清潔に保つようにしてください。