家庭でも簡単にムダ毛の脱毛を行うことができるレーザー脱毛器というものがあります。

家庭用としてレーザー量を控えめにしているので安心して使うことができるのです。

脱毛効果としては医療機関よりは低いのですが、医療機関に行くには予約が必要で自分の発毛サイクルと合わなかったりもするものです。

自宅で行うのなら自身のタイミングで処理することができるのです。

VIOをどうにかしたいと思っている人は多いはず。

VIOとは、いわゆるアンダーヘアーのことをVIOとかハイジニーナと呼びます。

最近では、芸人さんをはじめ男性もアンダーヘアーの脱毛をしている人が増えているんですよ。

家庭用の脱毛器でアンダーヘアーの脱毛を行う場合、その脱毛器がVIO脱毛を許可しているか確認することが大切です。

許可されていない部位に照射して怪我をしてしまっては元も子もありません。

家庭用脱毛器の場合、Iラインは局部に近くなりますので使用を認めていないものも多いです。

また、IOラインは、自分で処理しづらい個所でもありますので脱毛サロンにて施術を受けることをおすすめします。

サロンあるいはクリニックを利用するにしても、IOラインだけであれば費用はそこまでかかりません。

最近では介護者に不快感を与えないよう40から60代の人が脱毛する介護脱毛というのも流行っているそうです。

最近では男性の脱毛経験者が増えてきましたね。

芸人さんの間では脱毛している方も多く、カズレーザーさんやワッキーさんなどが脱毛していることを公言していますね。

脱毛に興味があるけど、行く勇気がなかなか...と言う方もまだまだ多いかと思います。

そんな方に使ってほしいのが家庭用脱毛器です。

家庭用脱毛器だったら、人目を気にする必要がありませんし脱毛サロンに通う手間も省けます。

自分の好きなときにムダ毛を処理することができるので、サロンが開いている時間に帰れないと言う方でもお家でゆっくり脱毛することができるのです。

男性の場合美容グッズに疎いと言う方も多いかと思いますが、脱毛器のハズレは本当に使い物にならないので、必ず口コミや体験談には目を通しておくようにしましょう。

ソイエ、アミューレなどの脱毛器を選ぶことで、泡脱毛という方式での処理になります。

泡はムダ毛を絡めとってくれる役割をしていて、かかってしまう肌への負担は軽減され、なるべく痛くない処理ができるのです。

気を付けなければならないのは、脱毛の部位によって差があるということで、ムダ毛を引っこ抜くため、痛みが我慢できないという人には注意が必要です。

処理の直後の気になる点としてはほとんどの人が肌が赤くなるそうです。

1番身近な脱毛器具といえばやっぱり毛抜きですよね。

女子高では授業中、指毛を抜くのは普通ですよね。

次に思いつくのはガムテープでしょうか。

男性の太くて長いすね毛をバリバリっと剥すなんていうのは一昔前の罰ゲームでありましたよね。

あとは脱毛器具とは言えないかもしれませんが、除毛スプレーというのも手軽にできるムダ毛処理法の1つです。

最近ではブラジリアンワックスも人気です。

ブラジリアンワックスという脱毛法はアンダーヘアの脱毛に採用されていたのですが、ブラジリアンワックスで鼻毛脱毛をしているという人が急増しています。

家庭用の脱毛器で最近最も主流なのが光脱毛です。

5万前後で購入できますし、脱毛サロンに行くよりも手間も費用もお手軽です。

医療脱毛では数ある脱毛法の中で唯一、永久脱毛と謳えるレーザー脱毛が使われています。

光脱毛(フラッシュ脱毛)の脱毛器は、黒い色素に反応するという性質があります。

そのような仕組みが故、ほくろに過剰に反応してしまう恐れがあるのです。

小さなほくろの場合、そんなに気にしなくても大丈夫だと思いますがもし大き目のほくろがあるという場合は、ほくろの箇所を避けて照射するか、保護シールを貼って照射から守ってあげると安心です。

ソイエのようなムダ毛を引き抜くタイプの場合は、ほくろを気にすることなく使用することができますがムダ毛を無理やり引き抜くような脱毛器は、出血が起きやすくかさぶたの原因になりますし色素沈着の原因にもなります。

初めて脱毛器を使う人が注目するのが痛みだと思います。

痛いと感じない脱毛器もあれば、痛みを強く感じる脱毛器もあるのです。

また、太い毛や皮膚の弱い場所を脱毛しようとする場合には、きつい痛みを感じることがほとんどでしょう。

利用する部位や肌の状態に合わせて強弱を調整できる脱毛器を探すのがオススメです。

脱毛器を入手しようと考えた場合に、始めに気になるのが値段ですよね。

一般的には、脱毛器について高額のイメージがあり生活に余裕がないと買えないと思っている人が多くいるはずです。

脱毛器とひと口にいってもピンからキリまであるので、値段の差も大きく違います。

安いものであれば2万円台でありますが、高額なものだと10万円以上はします。

家庭用脱毛器のイーモリジュは、イーモの後継機で、トリプルショット(3連射)できるのが特徴です。

スキンケア用のカートリッジが付属していて美顔器としても使えますし、脱毛器としても1つのカートリッジで約1万8000回も照射できるなど、カートリッジの価格は旧モデルと変わらないため、かなりのコストパフォーマンスといえるでしょう。

次のショットまでの待ち時間も3秒と少なく、ムダ毛の処理にかける時間が短くて、気軽に使えると好評です。

ただ、イーモリジュよりあとに発売されたケノンのほうが連射機能や使用部位の多さもあって、人気が高いです。

パナソニックのビューティー家電のひとつ「ソイエ」という脱毛器は、光や電気で毛根に作用するのではなく、ムダ毛をからめとって抜くタイプなので、それなりの痛さは覚悟しなければなりません。

毛抜きで皮膚ごと引っ張るより負担が軽く、一度に複数の毛が抜けるという点では優秀ですが、やはり刺激になるのか、脱毛後に埋没毛ができてニキビができたとか、痛くない毛も痛い毛も選ばずに一気に抜くため血が滲んだなどのデメリットもあるようです。

とはいえ、ソイエは長く続いた定番商品ですので利用者も多く、抜くのを繰り返すことによってムダ毛が抜けやすくなり、だんだん楽に脱毛できるようになってくるという人もいます。

痛みがあまり気にならない方なら良いかもしれません。

望み通りの脱毛効果を得るためには、器具をしっかりと選ばなければいけません。

参考:ケノン口コミ2ch?効果口コミ【体験3カ月の効果を大暴露】

「安くても、そこそこの効果があればいい」と言って安易に選んだ脱毛器が、きちんとした効果が得られる製品なのかどうか、よく確認してから購入するほうが間違いがないでしょう。

また、安すぎる脱毛器の場合、痛すぎて使えなかったとか、使用時の音が大きすぎてビックリした、この臭いだけはムリという問題点もしばしば指摘されています。

安い価格にはそれなりの効果とデメリットがつきものだと思い、よく検討してから購入することが大事です。

amazonで脱毛器を検索し、評価順で並び替えると上位の商品がVekiaとOudayの商品で占めています。

商品の画像を見る限り全く同じ商品にしか見えないのですが、メーカーが違うのはどういうことなのでしょうか?Vekiaから販売されている脱毛器はIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

一方、Oudayというメーカーの脱毛器もIPL式の光脱毛器で美肌機能が搭載されています。

ちなみに両方とも重さは581gです。

商品説明をしている画像は違うのですが、商品自体はやはり同じにしか見えません。

1位の商品が450件以上のレビューがあり星5となっているほか、他の同一商品も星5という評価がついています。

評価が偏り過ぎているのが不自然ですし、やらせを疑うレビューもあります。

口コミを信じて買うようにしているという人もたくさんいると思いますが、良い評価しかないというのはあまりに不自然ですので、口コミを見極める力を持つことも大切です。

このごろは、季節をあまり考えず、薄着をしている女性もよくおられます。

女性の方の多くは、ムダ毛の処理方法にいつも頭を悩ませていることでしょう。

ムダ毛をどう脱毛するかというと方法は様々ありますが、いちばん簡単にできるのは、やはり自分の家で脱毛をするということですよね。

ブラウンというと、メンズ電気シェーバーのイメージがあるという方も多いかと思いますが、女性用脱毛器も作っているんですよ。

光脱毛は、黒いものに強く反応する仕組みになっていますので、肌の色が濃いと肌を痛めてしまう恐れがあるのですが、光美容器シルク・エキスパートはCyden社と共有技術である世界唯一の技術で、肌の色に合わせて光を10段階(プレミアムモデル)に調整することができるので、最適な効果と安全性を実現しています。

シルク・エキスパートは、ベーシックモデルと、プレミアムモデルの2モデル展開しているのですが、ベーシックモデルの照射間隔が3秒なのに対し、プレミアムモデルの照射間隔はわずか1、2秒であること、光の調節段階もベーシックモデルが3段階しかないのに対しプレミアムモデルは10段階もあるなど、お値段に多少の差はでてきますが、どうせ買うならプレミアムモデルのほうがオススメです。

脱毛器のトリアに関する口コミや評判は、脱毛が可能かどうかということだけでいえば、かなり評価が高いといえるでしょう。

効果が不十分だった方もいないとは言えないようですが、決して少なくない人が脱毛効果を得ています。

何回か使ったところムダ毛が生えてこなくなった、脱毛がとても簡単に行えるようになった、薄くなったという話が多いです。

関連ページ