海外赴任をしなくてはならなくなった場合があると思います。そのペットを持ち込むか否かで迷うことが多々あるようですね。(汗)

ですから、結構ハードルが高くなっています。※場合によっては断念せざるを得ないこともあります。(汗)(汗)。それでも、家族の一員であるペットは連れて行きたいと思いますよね。まず、入国先の輸入条件がどうなっているか!?これを確認する必要があります。ペットは物とは違って、検疫と言う問題がありますよね。その為、その国でどのような検疫が必要なのか!?この事についてあらかじめ確認しなくてはなりませんよ。

例えば、日本で言うと「狂犬病予防」などですね。また、入国先によっては、「輸入許可」、「飼養期間証明」などを取得する必要もでてきます。これらの確認については、在日大使館か、赴任先の検疫当局で行えます。※早めに問い合わせを行いましょう。

※各種申請手続きを行いましょう。基本的に、海外にペットを持ち込む場合、「輸出検疫」が必要です。『輸出検疫』これは、動物検疫所という所で受ける事が出来ます。

しかし、予約は1週間前くらいに入れておきましょう。その必要があります。海外赴任が終わります。当然、日本へ帰国します。その際にも、「輸入検疫」が必要となります。今度はかなり厄介ですよ。その為、出来れば赴任先に出国する前後に、どの様な準備、手続きが必要かを在日大使館、赴任先の検疫当局に聞いておいてくださいね。

関連ページ